介護福祉士と慢性的な人手不足

介護の世界にいる人は介護福祉士とはどんな仕事かは理解しているでしょう。
でも一般の人、特に介護の経験がない人にはまだまだ認知されていない資格ではないかと思います。

私は介護の世界に入るまで介護福祉士という資格があることすら知りませんでした。

親の介護を経験していても知らなかったのですから、介護を職業にしている人以外は知らないのかもしれません。

介護福祉士は、社会福祉士及び介護福祉士法で定められた国家資格です。

1987年5月26日制定されて、その後2007年12月5日改正されました。

介護福祉士の定義

「介護福祉士の名称を用いて、専門的知識及び技術をもって、身体上又は精神上の障害があることにより日常生活を営むのに支障がある者につき心身の状況に応じた介護を行い、並びにその者及びその介護者に対して介護に関する指導を行うこと」と書かれています。

法律用語は慣れない人には理解しずらい。特に私のように読み慣れていない人には理解するまで時間が必要です。

要は直接介護を行い、介護者(親・兄弟等・夫、妻、子供、ヘルパーと呼ばれる人)に指導をする。

簡略するとこういうことです。

ひと昔前まではこれでよかったのですが、年々介護福祉士に求められるものは変化をしてきています。

直接お世話をする(身の回り)のが介護と思われていますが、利用者は高齢者だけではなく、障がい者も含め、生活全体のことから生き方にまで関りが広がりました。

・利用者の暮らしを支える
自立できる

この2点を利用者と利用者家族と共に実践していくことへと変革しています。

また、これからの介護福祉士に求められるのは

国民の福祉サービスの充実・向上の中心的役割うこと

2007年の法律改正では、 「社会福祉士又は介護福祉士は、社会福祉及び介護を取り巻く環境の変化による業務の内容の変化に適応するため、相談援助又は介護等に関する知識及び技能の向上に努めなければならない」と資質向上の責務も加えられました。

求められるもことますます増え、日々の介護に肉体を酷使しながら、知識や技能、相談援助なども向上させなければならない。

介護福祉士ってなり易いのも事実ですが、資格をとってからの方がすごく大変です。

利用者との関り、利用者家族との関り、それに加えて職場の人間関係、ケアマネとの関りなど、高いコミュニケーション技術も必要とされます。

チームケアと呼ばれる医師、看護師、ケアマネ、介護士、利用者と家族の連携も必要とされます。

これだけ書くと介護福祉士って大切な役割を担っています。

理念は立派だが、実際の現場は深刻な人手不足

私が働く現場は理念とは相当違って慢性的な人手不足です。
利用者の身体介護、生活援助が目白押しで一日の予定をこなすことにせい一杯。

技術の向上を目指しながらも、定期的に研修を受けられるような環境ではありません。
コミュニケーションをとることさえ難しい人もたくさんいるため、一人にじっくりと関わることもできない状況があります。

介護職を増やせばいいのですが、ご存知の通り介護職の不足は深刻です。

有効求人倍率は上がっていると政府はいいますが、それは一定の職業で介護職の不足は解消されていません。

もう一つは勤務時間が多様過ぎることです。
ヘルパーさん側の指定した時間で雇い入れているため、起床や就寝の一番介護が必要な時間に介護者が不足するという事態が起こります。

お子さんが学校へ行っている間に働いている人、孫の面倒を見ている人もいます。
そのため、朝や夕方働ける人はお子さんに手のかからなくなった人、または独身者と決まっています。

これはわが社だけのことなのか?どうかは分かりません。

「人が足りない」と現場がいうのはこの必要な時間帯に働ける人が少ないのが原因です。

ですから、休み希望があった場合などにそこに充てる人がいない。
そんな時は管理者やサ責がそこを補うことになります。

もっとも管理者・サ責は本当は事務の時間を与えたいのですが、実際の現場は介護中心でその合間や残業をして事務をする。

それがわが社では当たり前になっています。

人員不足のしわ寄せはこういう人たちに重く圧し掛かっているのです。

この人員を確保できな事業者が廃業に追い込まれるというケースもあるのです。

介護福祉士の理念と慢性的な人手不足について書きました。
これだけ読むと「介護の世界には行きたくない」と思われる方もいるかもしれません。

しかし、介護の世界は「慢性的な人手不足」と留まってはいられません。
色々な所作を講じながら介護職を増やす努力しています。

国もそして地方もまた介護事業者もです。

老人世帯が溢れかえり介護を必要とする人もますます増え続ける日本。
介護はまったなしです。

介護職に魅力をもってもらえる方法ってあるのでしょうか?
介護職であり続ける人もいます。
その人たちはこの職業にどんな魅力ややりがいを見つけたのでしょう。

知りたいですよね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする