訪問介護の管理者って?

毎月の始まりは日誌の集計、提供表の集計、入力作業と土日は休めない。
管理者の宿命?

特に気を遣うのは介護請求です。これが失敗するとヘルパーさんの給料が出ない。
そんなことになりそうなので特に気を使います。

居宅支援の事業所ならケアマネの他に請求専門の事務員を置いているところが多い。
ですが、わが社のような小さな訪問介護事業所には請求事務を置く余裕がないためにほとんどは管理者が請求事務を行っている。

わが社の例で他では、請求事務員がいるところも多いのかも知れませんね。

そう言えば訪問介護の管理者って介護の資格がいらないというのはあまり知られていないようですね。

訪問介護の管理者は資格は必要ないのです。
私は管理者になって初めてヘルパーの資格を取りにいきました。

大変でした。最初の1年は死に物狂いというのでしょうか?
勉強しました。介護の事。

経験はサービス提供責任者(サ責)の方が長い。
ヘルパーを経験し、介護福祉士になった人ですから介護の事は「お手のもの」でした。

管理者としてはサ責に介護の計画や実施、ヘルパーの教育など殆ど任せっきりでした。
管理者は何やるの?

管理者はですね。訪問介護事業所の一全体的な総括が仕事です。
サービス提供責任者が日誌を記録します。それに目を通す。

管理日誌を書いたサ責は内容について責任を持ち、印鑑を押します。
これを管理者が内容を把握して事業所の業務を把握します。

これをしっかりやらないといけません。
一日のサービス内容、業務把握は管理者にとって一番大事な仕事です。

これを把握していないと請求事務や担当ヘルパーがわからず介護料請求の時にあたふたすることになります。

何日に○○利用者さんが予定にあるのにキャンセルした。それを知らずに実績をあげる。
これって過誤請求といわれるもの。

過誤と呼びますが、利用者さん側からすれば詐欺のようなものです。
やっていないのにお金をとられるのですからね。

こういうことが起きないためには利用者さん・介護側の日々の動きを知っておかなくてはいけません。

サ責も掌握し報告を挙げてくれますが忘れることだってありますからね。

管理者は楽だ。なんて思っているヘルパーさんも多いですが、案外やることが多いのです。
私が管理者についた当初、見学に行った施設では「管理者はなんでも屋さんです。」

「あちらこちらに首を突っ込まなくてはいけません。」なんて言われました。

数か月をたった時に「あの言葉、間違いない」と思ったものです。

まとめ

管理者の仕事

日誌、書類の記録と管理、調整業務  訪問介護員の健康管理・評価

それに採用や面接、ミーティング(ヘルパー会議)、苦情処理の態勢、虐待防止処置、相談窓口、色々なマニュアルの作成と整備、実習生がくることもあるので受け入れ窓口、指導もあります。

あるでしょう。たくさんの業務、決して暇ではありません。

訪問介護員のストレスチェックなどもあります。
訪問介護員より管理者の方がよっぽどストレスが溜まりそうな仕事

だと私は思うのです

管理者について書きました。

介護の経験はいらないというものの、仕事の範囲は非常に広いのが訪問介護の管理者です。
介護の経験よりも事務処理能力とコミュニケーション能力が必要不可欠内仕事ではないでしょうか?

でも、私が管理者をしているのですから、誰でもできる。
そんな風にも思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする